【大会名】環太平洋臨床レーザー医学会設立記念総会

Multi-Laser Delivery Systemという、7種類のレーザー光を同時に照射できるレーザー機器があり、このレーザーを用いた学会(ISLA; International Society for Medical Laser Applications)のアジアブランチとして環太平洋臨床レーザー医学会(ASLA;Asian Pacific Society for Medical Laser Applicatio)が設立され、その設立記念総会が6月2日に開催されます。

このレーザーはLLLT(Low level Laser therapy:低出力レーザー治療)であり、レーザー鍼をもちいて局所に多種類の波長のレーザー照射、あるいは血管内などにレーザープローブを挿入して血液におなじく多種類の波長のレーザー照射をし、癌、糖尿病などの慢性疾患、リウマチなどの自己免疫疾患などの様々な疾患の治療をすることが可能です。光には各々の波長に様々な特性があり、例えば青い波長(447nm)は、単球中のNOを放出し、強力な血管拡張および血管内皮機能障害を廻旋する機能があり、高血圧の治療や、動脈硬化などに対する血管再生をすることが知られています。

紫の波長(375nm)は、細菌・ウィルスなどを殺滅する作用があり、各種毒素も無毒化する作用があります。赤の波長(635nm)は抗炎症作用があり、リウマチに対する腫脹や痛みに対する治療など、また黄色(589nm)はセロトニンの代謝後上作用があり、うつ状態や不安症に期待ができます。写真は、様々な波長のレーザーを血管内にプローブをいれて血液に照射をしているところです。

  • 光の治療の良いところは、生化学物質を生体内にいれないので、殆どあるいは全く副作用がないことです。
  • 痛みもほぼ皆無であり、レーザー照射に対する症状もほぼありません。
  • 今回のALSAの設立記念大会では、このレーザー機器の特徴や基本的な特性・使用法などを講義し、また学会設立に先んじてすでに臨床応用をされている先生方の講演も行います。
  • 癌などの慢性疾患のみならず、怪我やオペ後の治癒促進などの改床にも著しい効果があります。

是非、この機会に皆さんのご参加をおまちしております。

※一度ご入金いただいた受講料は返金できかねますので、ご注意ください。

日時 2019年6月2日(日)10:00~17:00
場所 フクラシア東京ステーションD会議室
住所 東京都千代田区大手町2丁目6−1 5階・6階 朝日生命大手町ビル
学会費 5,000円
参加資格 特になし。医師・歯科医師・獣医師・看護師・歯科衛生士・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師・柔道整復師、その他
サイト https://www.facebook.com/events/788657011510367/

お申し込みはこちら

Copyright © 2014-2019 Yokohama Bay Dental Institute. All Rights Reserved.

PAGE TOP